Umobileの速度・解約・3日制限

Umobileの速度・解約・3日制限

Umobile料金と初期費用

Umobileの料金プランなどの各種費用についてご説明します。現在お使いの携帯料金と比べながら、Umobileを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。それでは、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

Umobileの料金

Umobileの月額プランは、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

1年間の解約制限がつく、音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円お得になるサービスになります。

Umobileの解約制限について

ユーモバイルの最低利用期間と解約手数料について、解説していきます。Umobileの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方、音声通話SIMについては、6ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。そのため何らかの理由で、6ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金として6,000円の支払いが必要となります。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、7ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

LTE使い放題2の解約縛り

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、特殊な、解約制限を設けています。ご利用開始月から6か月以内の解約には、9,500円の解約手数料が必要です。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。他のプランと異なる最低利用期間や解約料の設定については、あらかじめご了承ください。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、1年以内には解約しない。という方には、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

Umobileの口コミ

Umobileのメリットを挙げるなら、LTE回線が使い放題となるプランにあると言えるのではないでしょうか。docomoの高速LTE回線をここまで安く使い放題にできるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。この使い放題プランを利用するために他社から乗り換えを行えば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

通話プラン限定、U-NEXTポイントが毎月!

あなたはU-NEXTを知っていますか?動画配信サイトで、現在契約数は100万以上になっており、特典としてU-NEXTポイントが毎月還元されるのもお勧めできる点です。月毎に400ポイントが貰えるのがLTE使い放題2プランで、それ以外では月毎に600ポイント貰えます。多くの動画は1本300円で配信されているので、だいたい2本は無料で視聴できることになります。大手の動画配信サイトなので、新旧の映画からアダルト作品まであらゆるジャンルの動画を楽しむことが出来ます。一月あたり3000円に満たない契約で400?600ポイントも加算されるのは、かなり思い切った特典だと思います。

Umobileの特色まとめ

スマホやSIMにかかわる諸費用を大きく節約できるMVNOには多くの企業が参入していますが、その1つであるUmobileは、
このサービスを提供しているのは、日本最大の映像配信を行っているU-NEXTです。運営会社であるU-NEXTは2015年に東証一部に上場したため、上場企業しているだけに、企業の安定感もあるので、ベンチャー企業ながらMVNOの中で注目を集めています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。今回は、Umobileのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。Umobileの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

Umobileは格安でスマホを使えるサービスです。docomoの回線を使用しています。docomoの回線を利用しているため、通話の品質は当然、docomoと同じですし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままUmobileのSIMを使うことができます。Umobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUmobileというわけなのです。

LTEの高速通信が低価格で無制限

LTE無制限プランを設けることによって、Umobileはオリジナリティを打ち出していますが、他のMVNO各社がLTE無制限プランに関して出遅れている中、一段とUmobileを引き立たせる要因となっています。動画や音楽のストリーミングサービスの利用頻度が高い人にとっては、高速のデータ通信を安心して使えますので、おすすめです。LTE回線が使い放題になるのに、毎月の料金は2,730円というリーズナブルさです。大手3社と比べるととても安い料金設定になっているのはいうまでもありません。使い放題でありながら毎月の料金が3,000円を切るなら、通信料の多いユーザーにとっては有難い料金設定ですね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。Umobile公式サイトにて「LTE使い放題プラン」の詳細情報を掲載していますので、興味が沸いた方は是非ともチェックしてみてください。

オンラインで即日MNPに対応している

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。というのもUMobileの場合、MNP届け出という方式を採用していますが、お申し込み時に、インターネット上で、届出方式を選択していただくと、お手元にUmobileのSIMカードが届いてからMNP転入ができ、携帯電話が使えなくなる期間が発生せずにMNPの手続きを完了することができます。以前の即日MNP切り替えでは、実際に店舗に行って手続きをするのがパターンでしたが、インターネットで即日MNPの手続きができるので、店頭まで行く必要がありません。不通期間ができるのが足枷となって、乗り換えに消極的だった人も、安心感をもってMNP手続きに臨めます。手続きとしては、SIMカード到着後、Umobileマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

Umobileの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、Umobileは、
225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。

Umobileにおける3日制限

どのMVNOでもそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。直近72時間で、どの程度通信すると、速度制限の対象となるかの明記はありませんでした。

今月開催中のキャンペーン