スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

オススメなMVNO、格安スマホ会社

大手キャリアのスマホを使っていると月に1万円以上の支払いが当たり前で携帯代だけで結構な出費になります。
そんな時にきになっていたのが格安スマホです。実際に替えた時に比較した格安スマホ会社を紹介します。

格安スマホとは?

まず、各社のサービスをご紹介する前に格安スマホについてご説明します。
格スマホとは、業界の規制緩和により、従来の大手キャリアが独占状態にあった携帯市場に参入できるようになり登場した、今までが考えられない価格でスマホやサービスとSIMフリーがついたプランが一般的に多いです。

格安スマホの特徴として、最低限のアプリや通話、通信機能でコスト削減と通信料の制限や基本使用料が無料などでガラケーよりも低価格を実現しています。

その分、通話速度やスマホ自体のスペック全体が低いのが特徴になります。連絡用に企業の導入や個人事業主の仕事としての利用が拡大しています。

また、MVMOとは、自社のSIMフリーや通信回線を活用して、プランとしてスマホを提供しているサービス、会社になります。

各社の格安スマホ、MVNOとサービスは?

これから各社の格安スマホやサービス内容についてご紹介します。

BIGLOBE

BIGLOBEはプロバイダとしてのサービスなどを活かした、無料wifiや老舗によるしっかりとしたバックアップ体制があるので安心感があります。SIMフリー、音声付き、データSIMと端末のセットなど利用目的に合わせてフルラインナップまでプランがそれぞれあるのが嬉しいです。

楽天モバイル

各社スマホ市場で価格、サービスなどで他社よりも手厚いのが人気となり、今一番勢いがある会社になります。格安スマホ自体の価格帯やパック、分割料金は他社よりやや安い程度ですが、毎月特典や支払いやサービス利用で楽天ポイントがつくなど楽天ユーザーなどに特に嬉しい還元サービスが魅力的です。

llJmio

繰り返し利用や高速オン、オフ機能、制限がかかってしまった際の一時的なバースト転送機能で無駄なくインターネットや機器の利用ができるのが魅力的な点です。

YAHOOモバイル

先駆けて格安スマホを展開しており、シンプルでわかりやすい料金プランで通信+音声プランがセットとなって、月々2980円の他社と比べても平均的な価格で利用できる点はありがたいです。圧倒的なネームバリューの安心感やYAHOOサービスの特典などがついてくるのでオススメです。

どの格安スマホがいい?

安心のサービス体制や様々な特典があり、初心者でも使いやすいのが楽天モバイル、YAHOOモバイルとなり、通信速度や環境などのスペック、値段を気にする方は、BIGLOBEがオススメです。lljimioは、ビジネス目的の利用の方に使い勝手がいいでしょう。格安スマホを扱う会社にはそれぞれの特徴があるので、自分の利用目的や予算などを考慮して、選択するといいでしょう。

まとめ

格安スマホ自体がまだ、登場したばかりでこれから需要が伸びていくので、さらに違うサービスや料金プランを打ち出した会社やユニークな格安スマホが出てく流でしょう。格安スマホは、低価格であるが上に従来のキャリアより通信速度が遅かったり、スペックが物足りなさを感じるデメリットもあるので、購入を検討する時は、インターネットの口コミや各社HPの情報を元に比較、検討するといいです。
実際に利用して2000〜3000円安くなったので、考えてみるといいです。
お金の悩みを解決は、稼ぐよりも身の回りの無駄な出費を見直して、不必要部分からなくす、改善していきましょう。