mineoの速度・解約・3日制限

mineoの速度・解約・3日制限

mineoの通信スピードに関して

mineoの速度についてご紹介いたします。docomo回線を利用したDプランでは最大225MbpsのLTE回線となり、AU回線利用でAプランでもLTE回線で225Mbpsになります。様々なニュースにおいて紹介されている事ですが、混雑時の速度は、キャリア契約の回線の方が通信速度は上なのです。そういった混雑時にも安定した通信速度が必要なのであれば、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。毎月の使用料金が安いので、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

マイネオ AU回線プラン3日制限

mineoは、利用者の平等な利用環境のために、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度制限が実施されます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値となっているようです。

mineo docomo回線プランにおける通信制御

mineoのドコモプランでは、直近の3日間のデータ通信量においての速度制限はありません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、AUプランよりもdocomoプランを契約するほうが、3日制限を気に留めず使用することができるでしょう。このような違いも考慮した上で、どのプランにするのか決めるのがいいと思います。

マイネオ料金プランに関して

月々の料金や通信速度など、mineoの概要について説明します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、支払額にどのくらいの差があるのか、把握してみてはいかがでしょう。ということで、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの月額プランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約縛りについて、説明していきます。mineoのメリットとしてあげられるのが、解約するときに解約手数料がかからないのです。最低利用期間に縛られることなく、格安スマホを試すことができるという点において、もし使ってみて駄目だと思ても、すぐに解約できるのでおすすめです。しかし、1年以内にMNP転出するとMNP転出手数料12,420円が必要になります。契約内容に音声SIMが含まれる場合には、留意していきたい点です。

mineoの特色

mineoはMVNOであり、格安SIMと格安スマホを展開しています。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。月当たり1,310円というリーズナブルな料金でSIMが使えるとあって、mineoは好評を集めています。マルチキャリアMVNOとしては、国内で一番最初にサービスを提供しており、大手キャリアのdocomoとAUから選べるプランは、MVNO業界でも注目されています。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。という背景から、mineoの速度や解約・店舗情報など、mineoのすべてを網羅しました。話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとAU回線のMVNO

mineoはdocomoまたはauの回線を利用して格安スマホスマホを利用できるすることができます。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、通話エリアもキャリアと同一です。mineo内で使用出来るスマホは、docomoやAUとほぼ同じなので、新規にスマホを用意する必要はありません。わざわざ高いお金を出してスマホを購入する必要はないので、その点も喜ばしいです。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。格安で全国の信頼できるキャリア回線を利用できますし、AUかdocomoのいづれかの回線プランをお好みで選択することが可能です。音声通話がつく場合、ドコモとauでは料金が変わってくるので、よく考えてどちらにするか決めてくださいね。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、新規に開発された音声通話サービスです。それまでの方式で拾うことができたのは、周波数にして300Hzから3.4kHzほどの音でした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz~7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。その為、音質が改善され篭りの無いクリアな高音質な通話が可能になったのです。mineoの大きな魅力の一つにVoLTEに対応しているということがあると言えるでしょう。docomoプランは元々VoLTE対応です。

データ繰り越しにも対応

さらにmineoがオトクなのは、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すこともできるので、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、無駄なく使うことが出来るため、かなりお得です。

mineoスイッチを活用して、データ量圧縮!

mineoスイッチという切り替え機能があるので、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。データ量の無駄使いを抑えることができる便利な機能になっています。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、さらにお安いプランで済ますことも出来るでしょう。料金を安くしたいのでしたら、心強いサービスです。

今なら間に合うキャンペーン

UQモバイルの速度・解約・3日制限

UQモバイルの速度・解約・3日制限

UQコミュニケーションズの格安SIMの月額プラン

UQモバイルの料金体系や通信速度について説明します。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、考えてみてください。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金・初期費用

UQモバイルの料金プランに関しては、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの違約金

UQmobileの最低利用期間に関して、説明していきます。データSIMの場合、利用期間の縛りはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,500円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

UQモバイルの通信スピード

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUQモバイルは、通信スピードの安定的な速さで好評を得ています。格安SIMアワード2015の結果の通り、通信速度部門において、1位を獲得したのが、このUQモバイルなのです。通信スピードを第一に考える方であれば、UQモバイルを使用するのが良いでしょう。MVNOや格安スマホの発展はこれからが面白くなっていきそうです。

UQモバイルにおける72時間制限について

MVNOすべてで共通ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限がかけられます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。UQモバイルの場合、各プランごとの規定値は決められておらず、すべてのランで、直近72時間で1GBが規定値となっています。

UQmobileのチェックポイント

格安SIMや格安スマホサービスがあるUQモバイルは、MVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。なんといっても毎月の代金が1680円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。安くできるのは、UQモバイルが既存のAUの回線を使用しているからということもありますが、通話のクオリティや電波の範囲などはAUと同じです。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。ということで!UQモバイルのキャンペーンから評判までを網羅したので、楽しく、読んで頂ければと思います。

AU回線を使った格安SIMサービス

UQコミュニケーションズの提供する格安スマホはAU回線を使用しているのです。AUと同じく信頼の高い通話品質ですので、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。そんなUQモバイルをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つAUと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

高品質通話VoLTEプランがある

UQモバイルはVoLET対応のプランがあるということで注目を集めています。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。高音質の通話ができることがUQモバイルの大きな特徴です。

翌月繰越しも可能

UQモバイルの場合、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、その月によって、使うデータ量にばらつきがある方には、気にすることなく利用できて安心ですね。ターボ機能が備わっているUQモバイルは、このターボ機能で切り替えることによって、通信速度を早くしたり遅くしたりできるのです。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。

UQモバイルの評価

UQモバイルがいいのは、やはり通信速度が最大の魅力と言えます。口コミやネット上での評価などでも、速度が速いと評価をする書き込みがあるほどで、料金プランの種類が少なかったり、月額利用料の値段が、他の会社に比べて若干高めの設定ではありますが、それらを考慮しても、十分に優秀な格安SIMでなのです。格安スマートフォンを選ぶ際の、大きな指標になりますね。

口コミで評判のよいスピード

UQモバイルの一番の長所は、同様の他製品をしのぐ非常に速い通信精度です。複数のMVNOと契約して利用していますが、その中でもUQモバイルは、高速通信がきちんと安定しているので、UQモバイルの携帯電話が一番使いやすいです。高速な通信速度を求める方に、「繋がりやすい格安SIMを教えて!」と質問されたら、迷うことなくUQモバイルを推奨します。料金面で考えると、確かにUQモバイルよりも安い会社はありますが、ストレスフリーの高速通信を実現してくれるUQモバイルの方が魅力的ですよね。

【期間限定キャンペーン】