スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

オススメなMVNO、格安スマホ会社

大手キャリアのスマホを使っていると月に1万円以上の支払いが当たり前で携帯代だけで結構な出費になります。
そんな時にきになっていたのが格安スマホです。実際に替えた時に比較した格安スマホ会社を紹介します。

格安スマホとは?

まず、各社のサービスをご紹介する前に格安スマホについてご説明します。
格スマホとは、業界の規制緩和により、従来の大手キャリアが独占状態にあった携帯市場に参入できるようになり登場した、今までが考えられない価格でスマホやサービスとSIMフリーがついたプランが一般的に多いです。

格安スマホの特徴として、最低限のアプリや通話、通信機能でコスト削減と通信料の制限や基本使用料が無料などでガラケーよりも低価格を実現しています。

その分、通話速度やスマホ自体のスペック全体が低いのが特徴になります。連絡用に企業の導入や個人事業主の仕事としての利用が拡大しています。

また、MVMOとは、自社のSIMフリーや通信回線を活用して、プランとしてスマホを提供しているサービス、会社になります。

各社の格安スマホ、MVNOとサービスは?

これから各社の格安スマホやサービス内容についてご紹介します。

BIGLOBE

BIGLOBEはプロバイダとしてのサービスなどを活かした、無料wifiや老舗によるしっかりとしたバックアップ体制があるので安心感があります。SIMフリー、音声付き、データSIMと端末のセットなど利用目的に合わせてフルラインナップまでプランがそれぞれあるのが嬉しいです。

楽天モバイル

各社スマホ市場で価格、サービスなどで他社よりも手厚いのが人気となり、今一番勢いがある会社になります。格安スマホ自体の価格帯やパック、分割料金は他社よりやや安い程度ですが、毎月特典や支払いやサービス利用で楽天ポイントがつくなど楽天ユーザーなどに特に嬉しい還元サービスが魅力的です。

llJmio

繰り返し利用や高速オン、オフ機能、制限がかかってしまった際の一時的なバースト転送機能で無駄なくインターネットや機器の利用ができるのが魅力的な点です。

YAHOOモバイル

先駆けて格安スマホを展開しており、シンプルでわかりやすい料金プランで通信+音声プランがセットとなって、月々2980円の他社と比べても平均的な価格で利用できる点はありがたいです。圧倒的なネームバリューの安心感やYAHOOサービスの特典などがついてくるのでオススメです。

どの格安スマホがいい?

安心のサービス体制や様々な特典があり、初心者でも使いやすいのが楽天モバイル、YAHOOモバイルとなり、通信速度や環境などのスペック、値段を気にする方は、BIGLOBEがオススメです。lljimioは、ビジネス目的の利用の方に使い勝手がいいでしょう。格安スマホを扱う会社にはそれぞれの特徴があるので、自分の利用目的や予算などを考慮して、選択するといいでしょう。

まとめ

格安スマホ自体がまだ、登場したばかりでこれから需要が伸びていくので、さらに違うサービスや料金プランを打ち出した会社やユニークな格安スマホが出てく流でしょう。格安スマホは、低価格であるが上に従来のキャリアより通信速度が遅かったり、スペックが物足りなさを感じるデメリットもあるので、購入を検討する時は、インターネットの口コミや各社HPの情報を元に比較、検討するといいです。
実際に利用して2000〜3000円安くなったので、考えてみるといいです。
お金の悩みを解決は、稼ぐよりも身の回りの無駄な出費を見直して、不必要部分からなくす、改善していきましょう。

DMMモバイルの速度・解約・3日制限

DMMモバイルの速度・解約・3日制限

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルを利用する意義はどんなところにあるのかと言うと、
それはもう、業界トップクラスの低額利用料金と、一般の使用では必要十分な安定した高速通信の2つを両立させているところでしょう。費用も速度も両方とも捨てがたいと思っている人にとっては、1番ふさわしいMVNOに間違いありません。DMMモバイルが高評価されている大きな理由は、やはり料金と速度の二点が人気の理由のようです。

安定した高速通信がヘビーユーザーにも良し

DMMモバイルの評判でよく耳にするのが、非常に高速な通信にもかかわらず、かなりの安定性を備えているという書き込みです。毎月の料金が安いにもかかわらず、速度も非常に速いという点で、DMMモバイルの人気はMVNO各社の中でも更に頭一つ抜けて高まってきているようです。また、DMMポイントと呼ばれるポイントが還元されるシステムもあるため、費用面・速度面の双方で、とってもお得なMVNOですね。総合的に考えても魅力的な格安スマホなので、選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

DMMモバイル料金プランと解約

DMMモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、通信費用をどの程度カットできるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。では、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

DMMmobileの料金

DMMモバイルの料金プランに関しては、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、今使っている携帯電話と同じように使うには、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円となっています。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの契約縛り

DMMmobileの解約縛りと解約手数料に関して、解説していきます。DMMモバイルのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

DMMモバイル速度について

今や百花繚乱状態にあるMVNO。わけてもDMMモバイルは、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。お値段が安くて、しかも実行速度も速い。そんな格安スマホをお探しの方には、DMMモバイルは申し分のない格安スマホと言えるでしょう。

DMMモバイルの3日間制限について

DMMモバイルでは、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。ユーザーが平等に使えるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。

DMMモバイルって?

よく知られているMVNOの一つにDMMモバイルがありますが、既に知っている方もいると思いますが、動画サイトの「DMM.com」が運営する格安スマホのサービスです。業界で最安値を打ち出しているという点が、DMMモバイルの最大の強みとなっています。月々の使用量を安くしたいとお考えの方には、かなり魅力的なMVNOです。また通信速度も速くて、安定しているのも人気の理由のひとつです。ネット接続が快適に行える格安スマホサービスであると高い評価を得ています。早速で恐縮ですが、DMMモバイルのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。DMMモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安スマホ!

動画配信サービスでおなじみのDMM.comが提供している格安SIM、DMMモバイルはdocomoの通信回線を使っています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、通話品質もサービスエリアも、docomoと同じく信頼できます。docomoのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。もちろん、DMMモバイルが販売しているSIMフリースマホをセットで買って利用しても大丈夫です。現時点でdocomoのスマートフォンをお使いの方であれば、SIMカードだけを契約すればDMMmobileが使えるようになりますから、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。DMMモバイルでは、まさにdocomoと同じ高品質なサービスを提供しながら、携帯料金を低額に抑えることができるシステムを提供しています。

iPhoneが24回払いで買える!

今人気のiphoneを分割払いで購入できるDMMモバイルも選択肢の一つに入れてみませんか。だいたいの会社は、海外製の安い端末しか取り扱っておらず、iPhoneを購入できるのは、DMMモバイル以外に見たことがありません。DMMモバイルでは、最新のiPhoneも揃っており、 iPhoneの購入を分割払いで考えているのなら 、DMMモバイルが一番良いという結果になります。月々の料金は安く抑えたくて、iPhoneもセット購入したい方なら、是非、DMMモバイルの申し込みを検討してみてください。ただし、MVNOでiPhoneを扱っているのがDMMモバイルのみということで、ほとんどの場合売り切れており、確認した際に在庫がありましたら、早めに注文することをお勧め致します。

データ通信量のくりこし対応してます。

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。この点、DMMモバイルなら、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。残念ながらこういった繰越サービスを実施していない企業も未だあるなか、
翌月に繰越せるDMMモバイルは魅力的ですね。安いからと言って、毎月のデータ通信量を無駄にしたくない方には嬉しいサービスです。

家で即日MNPができる!

DMMモバイルでは、即日MNPの体制が万全なので、同じ番号を容易にそのまま継続利用できます。DMMモバイルではMNPの手続き方法として、「自動方式」と「届け出方式」の2種類を用意しており、手続きはオンライン上でスピーディに、不通期間なしでMNPが可能となっております。従来では即日MNPを行えるのは幾つかの限定された店舗に出向いて行う必要がありましたが、ご自宅や単身赴任先など、場所を選ばず、どこにいても即日MNPの手続きをすることが可能になっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

魅力のポイントバック、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中ずっと、月々DMMポイントがが10%還ってくるという、非常に魅力的なキャンペーンを大々的に展開しています。
月々の基本料だけでなく通話料やSMS送信料なども対象なので、ポイントが貯まりやすい仕組みになっており、非常にお得です。DMMモバイルは、業界最安値レベルの月額料金だと言うのに、ポイントが10%も還元されるので、これを加味すれば、安さにおいてはこれ一択と言えるほどのMVNOでありましょう。
まずはDMMモバイルをチェック。あなたのスマホ代が大きく変わります。

人気のバースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルには、バースト機能というものがあります。この機能がどんなものなのか、説明を交えてご案内しましょう。低速通信の時の最初の数秒ほどだけ高速通信を利用するというのがバースト機能です。表示スピードが上がり、さくさくとインターネットが出来るのです!このバースト機能のお陰で、低速通信モードでもWebページが開くまで長時間待たされることがないので、ウェブページの表示の遅れがなくなるため、ネットでの情報収集がしやすくなると、 非常に魅力的な機能となっています。しかし、このバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioでしか取り扱っていない機能のようです。

【締め切り間近のキャンペーン】

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルのネットワークは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。速度については、信頼の高いドコモ回線ですので、速度は安心です。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの72時間制限について

キャリアにしろ、MVNOにしろ、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過した利用者に対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルの特色

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルの評判から速度まで、まとめてみました。話題の楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安SIM・格安スマホ!

大手インターネット通販サイトでおなじみの楽天が運営している楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。なので、通話の品質はドコモと同じですし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。ドコモのスマホならほとんどの機種がそのまま使えます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。SIMカードだけ購入しお手持ちのドコモのスマホを継続して使えば、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。docomoの回線をそのまま利用でき、しかも格安で利用できるのが楽天モバイルなのです。

セットの格安スマホが大量

楽天モバイルを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで取扱いのあるスマホは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。ただひとつ、残念な点が、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。もし楽天カードを持っていなかった場合、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。それでも、多数の機種を取り扱っているのでMVNOでは圧倒的な人気を誇っています。

容量の翌月繰り越しにも対応

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、月によって残ってしまうことって、よくありますよね?しかし楽天モバイルを利用していれば、データ容量を次の月に持ち越すことができます。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、データ容量を持ち越せるという点では、楽天モバイルの大きな武器でもあります。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

電話料金がお得な、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。相手から見れば、普段通りの電話ということになります。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。また、楽天でんわで使用した通話料も、楽天ポイントが付くので、かければかけるほどお得になってくるサービスです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。月々の料金が安く抑えられるのがMVNOの魅力なのですが、通話回数が多いので、結局高くつくのではと心配な方もいるかもしれません。しかし安心してください。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、通常の電話と変わりなく話し放題になる点が、大きなメリットです。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

初月は無料に!

楽天モバイルで格安スマホや格安SIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(225Kbps)が使えるプランです。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

契約縛り

解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。12か月以内に契約を解除された際は、9.800円の解約手数料が必要になります。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

今月開催中のキャンペーン