Umobileの速度・解約・3日制限

Umobileの速度・解約・3日制限

Umobile料金と初期費用

Umobileの料金プランなどの各種費用についてご説明します。現在お使いの携帯料金と比べながら、Umobileを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。それでは、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

Umobileの料金

Umobileの月額プランは、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

1年間の解約制限がつく、音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円お得になるサービスになります。

Umobileの解約制限について

ユーモバイルの最低利用期間と解約手数料について、解説していきます。Umobileの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方、音声通話SIMについては、6ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。そのため何らかの理由で、6ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金として6,000円の支払いが必要となります。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、7ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

LTE使い放題2の解約縛り

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、特殊な、解約制限を設けています。ご利用開始月から6か月以内の解約には、9,500円の解約手数料が必要です。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。他のプランと異なる最低利用期間や解約料の設定については、あらかじめご了承ください。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、1年以内には解約しない。という方には、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

Umobileの口コミ

Umobileのメリットを挙げるなら、LTE回線が使い放題となるプランにあると言えるのではないでしょうか。docomoの高速LTE回線をここまで安く使い放題にできるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。この使い放題プランを利用するために他社から乗り換えを行えば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

通話プラン限定、U-NEXTポイントが毎月!

あなたはU-NEXTを知っていますか?動画配信サイトで、現在契約数は100万以上になっており、特典としてU-NEXTポイントが毎月還元されるのもお勧めできる点です。月毎に400ポイントが貰えるのがLTE使い放題2プランで、それ以外では月毎に600ポイント貰えます。多くの動画は1本300円で配信されているので、だいたい2本は無料で視聴できることになります。大手の動画配信サイトなので、新旧の映画からアダルト作品まであらゆるジャンルの動画を楽しむことが出来ます。一月あたり3000円に満たない契約で400?600ポイントも加算されるのは、かなり思い切った特典だと思います。

Umobileの特色まとめ

スマホやSIMにかかわる諸費用を大きく節約できるMVNOには多くの企業が参入していますが、その1つであるUmobileは、
このサービスを提供しているのは、日本最大の映像配信を行っているU-NEXTです。運営会社であるU-NEXTは2015年に東証一部に上場したため、上場企業しているだけに、企業の安定感もあるので、ベンチャー企業ながらMVNOの中で注目を集めています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。今回は、Umobileのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。Umobileの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

Umobileは格安でスマホを使えるサービスです。docomoの回線を使用しています。docomoの回線を利用しているため、通話の品質は当然、docomoと同じですし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままUmobileのSIMを使うことができます。Umobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUmobileというわけなのです。

LTEの高速通信が低価格で無制限

LTE無制限プランを設けることによって、Umobileはオリジナリティを打ち出していますが、他のMVNO各社がLTE無制限プランに関して出遅れている中、一段とUmobileを引き立たせる要因となっています。動画や音楽のストリーミングサービスの利用頻度が高い人にとっては、高速のデータ通信を安心して使えますので、おすすめです。LTE回線が使い放題になるのに、毎月の料金は2,730円というリーズナブルさです。大手3社と比べるととても安い料金設定になっているのはいうまでもありません。使い放題でありながら毎月の料金が3,000円を切るなら、通信料の多いユーザーにとっては有難い料金設定ですね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。Umobile公式サイトにて「LTE使い放題プラン」の詳細情報を掲載していますので、興味が沸いた方は是非ともチェックしてみてください。

オンラインで即日MNPに対応している

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。というのもUMobileの場合、MNP届け出という方式を採用していますが、お申し込み時に、インターネット上で、届出方式を選択していただくと、お手元にUmobileのSIMカードが届いてからMNP転入ができ、携帯電話が使えなくなる期間が発生せずにMNPの手続きを完了することができます。以前の即日MNP切り替えでは、実際に店舗に行って手続きをするのがパターンでしたが、インターネットで即日MNPの手続きができるので、店頭まで行く必要がありません。不通期間ができるのが足枷となって、乗り換えに消極的だった人も、安心感をもってMNP手続きに臨めます。手続きとしては、SIMカード到着後、Umobileマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

Umobileの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、Umobileは、
225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。

Umobileにおける3日制限

どのMVNOでもそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。直近72時間で、どの程度通信すると、速度制限の対象となるかの明記はありませんでした。

今月開催中のキャンペーン

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルのネットワークは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。速度については、信頼の高いドコモ回線ですので、速度は安心です。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの72時間制限について

キャリアにしろ、MVNOにしろ、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過した利用者に対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルの特色

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルの評判から速度まで、まとめてみました。話題の楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安SIM・格安スマホ!

大手インターネット通販サイトでおなじみの楽天が運営している楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。なので、通話の品質はドコモと同じですし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。ドコモのスマホならほとんどの機種がそのまま使えます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。SIMカードだけ購入しお手持ちのドコモのスマホを継続して使えば、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。docomoの回線をそのまま利用でき、しかも格安で利用できるのが楽天モバイルなのです。

セットの格安スマホが大量

楽天モバイルを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで取扱いのあるスマホは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。ただひとつ、残念な点が、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。もし楽天カードを持っていなかった場合、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。それでも、多数の機種を取り扱っているのでMVNOでは圧倒的な人気を誇っています。

容量の翌月繰り越しにも対応

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、月によって残ってしまうことって、よくありますよね?しかし楽天モバイルを利用していれば、データ容量を次の月に持ち越すことができます。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、データ容量を持ち越せるという点では、楽天モバイルの大きな武器でもあります。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

電話料金がお得な、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。相手から見れば、普段通りの電話ということになります。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。また、楽天でんわで使用した通話料も、楽天ポイントが付くので、かければかけるほどお得になってくるサービスです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。月々の料金が安く抑えられるのがMVNOの魅力なのですが、通話回数が多いので、結局高くつくのではと心配な方もいるかもしれません。しかし安心してください。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、通常の電話と変わりなく話し放題になる点が、大きなメリットです。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

初月は無料に!

楽天モバイルで格安スマホや格安SIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(225Kbps)が使えるプランです。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

契約縛り

解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。12か月以内に契約を解除された際は、9.800円の解約手数料が必要になります。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

今月開催中のキャンペーン