IIJmioの速度・解約・3日制限

IIJmioの速度・解約・3日制限

IIJmioの評判

IIJmioの商品としての価値がどこにあるのかを考えると、やはり、手厚いサポートからくる顧客満足度の高さと古参MVNOとしの信頼と実績にあるでしょう。高評価だった株式会社イードの顧客満足度調査結果からも、IIJmioのユーザー満足度の高さがわかります。お電話やオンラインなどのサポート万全であるので、初めてSIMフリースマホや格安スマホを使う、という人でも、安心して使い始める事が出来るMVNOと言えます。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、ヘビーユーザーにも良し

IIJmioって何だろうとグルって見ると、サポート体制が万全であることと、通信速度が高速で安定していることと、評価の高さです。株式会社イードの顧客満足度の調査結果からも分かる通り、総合部門で最優秀賞を受賞しています。どこの会社のMVNOを使おうか迷っている方にとっては、これは判断材料の1つとなるでしょう。また、数ある格安スマホの中でも高い信頼性とブランド力がありますよね。高い評価を受けている格安スマホですので、近い将来に格安スマホ・SIMに変えようとしている方には、強くお勧めする事ができるMVNOだと言えます。

IIJmioの回線スピードに関して

みおふぉんは、MVNOの中でも人気の一つで、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。通信速度の安定性も好評で、レビューなどの評価から総合的に判断しても、多くの人から高い評価を得ています。実効速度の速い格安スマホで極力安いものをお探しの方に、IIJmioは最適だと思います。

IIJmioでの通信制限に関して

IIJmioは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。通信速度に上限が設定されるのは低速通信の時だけで、高速通信の場合は対象外になります。すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、設定容量を超えたユーザーには、200Kbpsという低速通信を適用します。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

IIJmio料金

IIJmioの料金プラン、通信速度などについて紹介します。今使っているスマホの料金と比べて、IIJmioを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。では、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの料金プラン

IIJmioの月額費用は、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

IIJmioの解約制限と違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMについては、利用する期間の縛りはありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、9,000円の解約手数料が必要になります。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

IIJmioのチェックポイント

株式会社インターネットイニシアティブのMVNOサービス格安SIMと格安スマホのみおふぉんはご存じでしょうか?インターネットイニシアティブジャパンは日本初の商用インターネットサービスプロバイダーとして知られていますが、MVNO業界にも古くから参入しており、格安SIMが始まった頃のユーザーでしたら、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。前置きはこの辺で、IIJmioをどこよりも分かりやすく解説しました。IIJmioに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安スマホサービス

格安スマホサービスの一つである、IIJmioはdocomoの回線を利用しています。なので、docomoと同等の高い通話品質を保持し、ご使用いただけるサービスエリアもdocomoと同様ですので、日本全国、広範囲でのご利用が可能です。
IIJmioで使える機種は、docomoと共通して使えるものも多いです。もちろん、IIJmioのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホ本体代が高い…とお嘆きの方にもこれは朗報です。新しいスマホを買う必要はなし!月々の支払に追われず、節約になります。これは嬉しいですね。IIJmioはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

初速バースト機能で快適な低速通信

IIJmioはバースト機能と呼ばれる転送機能が搭載されています。耳慣れない言葉だと思いますので、バースト機能についてご説明いたします。バースト機能とは、低速通信時の最初の数秒間、高速通信を行う事で、画面に表示されるウェブページの読み込みを向上させることができます。この機能があると、低速回線でもインターネットの繋がりやすさが向上し、コンテンツ表示の遅れが体感的に目立たなくなって、低速通信でもインターネットの使い勝手がよくなるので、IIJmioにおける目玉機能と言えるでしょう。
とは言え、DMMモバイルの他にこの機能が搭載されているのは、IIJmioくらいしかありません。

あまったデータ容量のくりこし

データの通信量はプランによって変化しますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。そんな場合でも、IIJmioは、繰り越し機能があるので安心です。MVNOのなかには、月度内に消化できずに余ったデータ通信量の繰越サービスを採用していないところもあるので、翌月への持ち越しに対応している点は、IIJmioを利用するメリットであるでしょう。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

IIJmioならでは!10枚まで追加可能!

IIJmioのファミリーシエアプラン、簡単にいうと、家族でパケットを分け合えるプランなら、SIMカードの追加が最大10枚も増やせます。たとえば、おじいちゃんやおばあちゃん、パパもママも、使いたい盛りのお子様も、みんなまとめてIIJmioに乗りかえれば、携帯代が今までと比べて格段に安くなるでしょう。今やスマートフォンは現代人の生活必需品なので、家族全員分の金額ともなればIIJmioのファミリーシェアなら、かなりの節約になりますね。格安スマホ全盛期の今、家族全員分の携帯料金の無駄を削って節約してみませんか?llJimoなら、サポートも充実していますし格安スマホを初めて利用する方でも安心です。お子様がいるご家庭には「みまもりパック」もおすすめです。多角面よりお子様をサポートできます。

【キャンペーン情報】IIJmioみおふぉん