BIGLOBE SIMの新キャンペーンがあつい!

BIGLOBE SIMの月額費用と解約

この解説はBIGLOBE LTEの料金プランやその他費用についてです。今お使いの携帯料金と比較しながら、どの程度安く抑えることができるのか、ご参考になれば幸いです。 料金プランの詳細を見てみましょう。

BIGLOBE LTE料金

BIGLOBE LTEの月額費用は、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。音声通話SIMは、070/080/090番号が使えるものになっていて、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声SIMの月額プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、それ以外のプランは、ドコモのLTEの高速回線を使用できる262.5Mbpsのプランです。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

BIGLOBE LTEの解約制限

最低利用期間と違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金が8,000円も発生してしまうのです。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

BIGLOBE LTEって?

BIGLOBE SIMとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。ドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。その中でも月額900円で利用出来るサービスが話題を集めています。BIGLOBE LTEは、docomoの回線網を利用しているので、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。エンタメフリーといわれるサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。様々なサービス、例えばYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotifyといったものを、通信量の消費を気にせずに好きなだけ使えるのです。という背景から、BIGLOBE SIMの料金やデータ通信に関してまとめましたので、BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoエリアで使えるBIGLOBEの格安SIM

BIGLOBE LTEが使用している回線はドコモです。したがって、ドコモと同じ高品質な通信サービスが提供され、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。ドコモの多くのスマートフォンは、そのままBIGLOBE LTEの端末としてご利用いただけます。SIMフリースマホがBIGLOBE LTEにおいて販売されているのであれば、それとセットで購入する事で利用する事も可能です。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、わざわざ高いスマホを買う必要がなく、お財布に優しいのが利点です。そんなBIGLOBE LTEをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つドコモと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

セット販売の格安スマホが豊富で嬉しい

BIGLOBE LTEの対応端末をお持ちでない場合、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEでセット販売されている端末は、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。しかもスマホだけでなく、画面の大きないわゆるタブレット端末にも幅広く対応していますので、端末選びに不自由を感じることはないでしょう。

あまったデータ量の翌月くりこし対応してます。

プランごとにデータ容量が違いますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。BIGLOBE スマホなら、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、翌月への持ち越しに対応している点は、BIGLOBE LTEを利用するメリットであるでしょう。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

電話代がオトクな、BIGLOBE電話

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」は通常の通話料金がなんと半額にもなるお得なサービスです。IP電話と違い相手の番号の前にプレフィックスとよばれる番号(0037-68-)をつけて発信するもので、発信者番号が相手にきちんと通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、ちょっと使いづらいですが、その点BIGLOBEでんわは、非常に使い勝手が良いです。キャリアと同じような、カケ放題も開始となりました。

3分かけ放題

docomoやau、ソフトバンクには、話し放題のプランがあるのですが、MVNO(いわゆる格安スマホや、格安SIMを提供している通信会社)では、かけ放題プランはまだほとんどありません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。毎月650円で使える、3分以内の通話なら国内のどこでも無料というサービスがBIGLOBE LTEで始まりました。普通の電話回線を使っている、この3分かけ放題のサービスは、発信者番号通知も、BIGLOBEでんわや通常発信のように対応でき、通常の電話と同様に通話し放題となるのが大きな特徴です。BIGLOBEでんわで通話すると通常1分で21.6円通話料がかかってしまうので、こまめな回数で、ひと月1時間くらいは通話する人には必要なです。

MAX60分の無料通話つき通話パック60の解説

また、BIGLOBE SIMには、「3分かけ放題」と同じ月額650円で、通話パック60というオプションサービスがあります。これは月々650円で無料通話1,200円がもれなくついてくるお得なオプションです。電話はいつも短めという方であれば、おすすめは「3分かけ放題」ですが、たまには長電話することもある!という方なら、「通話パック60」のオプションもつけられる方が断然オススメです。オプションを選べるのは楽しいですね。自分に合ったプランを探してみては

初月は無料

BIGLOBE LTEの申し込みをすると、最初の一月の料金が0円になります。「初めの1カ月」が指すのは、SIMカードが到着した日が属する月です。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、月初めを狙うのが必ず良いというわけではありません。

BIGLOBE SIMの通信速度

BIGLOBE SIMの回線は、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。スピードに関しては、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。格安で、ドコモと全く同じ回線が使えるということは、BIGLOBE SIMがもつ最大の強みの1つです。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

BIGLOBE SIMの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしていました。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、規定容量を超過したユーザーに対して、速度制限が実施されていましが、直近3日間での通信制限が廃止となりました!要するに、BIGLOBE SIMを使うにあたって、ビデオ通話で長電話したあとでも、3日制限を憂慮する必要はもうありませんよ。3日制限廃止の恩恵は大きいです。

BIGLOBE SIMの割引キャンペーンの詳細