スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

スマホ代節約に貢献する格安スマホ・MVNOの選び方

オススメなMVNO、格安スマホ会社

大手キャリアのスマホを使っていると月に1万円以上の支払いが当たり前で携帯代だけで結構な出費になります。
そんな時にきになっていたのが格安スマホです。実際に替えた時に比較した格安スマホ会社を紹介します。

格安スマホとは?

まず、各社のサービスをご紹介する前に格安スマホについてご説明します。
格スマホとは、業界の規制緩和により、従来の大手キャリアが独占状態にあった携帯市場に参入できるようになり登場した、今までが考えられない価格でスマホやサービスとSIMフリーがついたプランが一般的に多いです。

格安スマホの特徴として、最低限のアプリや通話、通信機能でコスト削減と通信料の制限や基本使用料が無料などでガラケーよりも低価格を実現しています。

その分、通話速度やスマホ自体のスペック全体が低いのが特徴になります。連絡用に企業の導入や個人事業主の仕事としての利用が拡大しています。

また、MVMOとは、自社のSIMフリーや通信回線を活用して、プランとしてスマホを提供しているサービス、会社になります。

各社の格安スマホ、MVNOとサービスは?

これから各社の格安スマホやサービス内容についてご紹介します。

BIGLOBE

BIGLOBEはプロバイダとしてのサービスなどを活かした、無料wifiや老舗によるしっかりとしたバックアップ体制があるので安心感があります。SIMフリー、音声付き、データSIMと端末のセットなど利用目的に合わせてフルラインナップまでプランがそれぞれあるのが嬉しいです。

楽天モバイル

各社スマホ市場で価格、サービスなどで他社よりも手厚いのが人気となり、今一番勢いがある会社になります。格安スマホ自体の価格帯やパック、分割料金は他社よりやや安い程度ですが、毎月特典や支払いやサービス利用で楽天ポイントがつくなど楽天ユーザーなどに特に嬉しい還元サービスが魅力的です。

llJmio

繰り返し利用や高速オン、オフ機能、制限がかかってしまった際の一時的なバースト転送機能で無駄なくインターネットや機器の利用ができるのが魅力的な点です。

YAHOOモバイル

先駆けて格安スマホを展開しており、シンプルでわかりやすい料金プランで通信+音声プランがセットとなって、月々2980円の他社と比べても平均的な価格で利用できる点はありがたいです。圧倒的なネームバリューの安心感やYAHOOサービスの特典などがついてくるのでオススメです。

どの格安スマホがいい?

安心のサービス体制や様々な特典があり、初心者でも使いやすいのが楽天モバイル、YAHOOモバイルとなり、通信速度や環境などのスペック、値段を気にする方は、BIGLOBEがオススメです。lljimioは、ビジネス目的の利用の方に使い勝手がいいでしょう。格安スマホを扱う会社にはそれぞれの特徴があるので、自分の利用目的や予算などを考慮して、選択するといいでしょう。

まとめ

格安スマホ自体がまだ、登場したばかりでこれから需要が伸びていくので、さらに違うサービスや料金プランを打ち出した会社やユニークな格安スマホが出てく流でしょう。格安スマホは、低価格であるが上に従来のキャリアより通信速度が遅かったり、スペックが物足りなさを感じるデメリットもあるので、購入を検討する時は、インターネットの口コミや各社HPの情報を元に比較、検討するといいです。
実際に利用して2000〜3000円安くなったので、考えてみるといいです。
お金の悩みを解決は、稼ぐよりも身の回りの無駄な出費を見直して、不必要部分からなくす、改善していきましょう。

mineoの速度・解約・3日制限

mineoの速度・解約・3日制限

mineoの通信スピードに関して

mineoの速度についてご紹介いたします。docomo回線を利用したDプランでは最大225MbpsのLTE回線となり、AU回線利用でAプランでもLTE回線で225Mbpsになります。様々なニュースにおいて紹介されている事ですが、混雑時の速度は、キャリア契約の回線の方が通信速度は上なのです。そういった混雑時にも安定した通信速度が必要なのであれば、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。毎月の使用料金が安いので、全体通して見ても、mineoも含めた格安スマホは魅力的なサービスだと思います。

マイネオ AU回線プラン3日制限

mineoは、利用者の平等な利用環境のために、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度制限が実施されます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値となっているようです。

mineo docomo回線プランにおける通信制御

mineoのドコモプランでは、直近の3日間のデータ通信量においての速度制限はありません。日によって、どれくらいの量を使うか分からない方には、AUプランよりもdocomoプランを契約するほうが、3日制限を気に留めず使用することができるでしょう。このような違いも考慮した上で、どのプランにするのか決めるのがいいと思います。

マイネオ料金プランに関して

月々の料金や通信速度など、mineoの概要について説明します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、支払額にどのくらいの差があるのか、把握してみてはいかがでしょう。ということで、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの月額プランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約縛りについて、説明していきます。mineoのメリットとしてあげられるのが、解約するときに解約手数料がかからないのです。最低利用期間に縛られることなく、格安スマホを試すことができるという点において、もし使ってみて駄目だと思ても、すぐに解約できるのでおすすめです。しかし、1年以内にMNP転出するとMNP転出手数料12,420円が必要になります。契約内容に音声SIMが含まれる場合には、留意していきたい点です。

mineoの特色

mineoはMVNOであり、格安SIMと格安スマホを展開しています。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。月当たり1,310円というリーズナブルな料金でSIMが使えるとあって、mineoは好評を集めています。マルチキャリアMVNOとしては、国内で一番最初にサービスを提供しており、大手キャリアのdocomoとAUから選べるプランは、MVNO業界でも注目されています。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。という背景から、mineoの速度や解約・店舗情報など、mineoのすべてを網羅しました。話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとAU回線のMVNO

mineoはdocomoまたはauの回線を利用して格安スマホスマホを利用できるすることができます。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、通話エリアもキャリアと同一です。mineo内で使用出来るスマホは、docomoやAUとほぼ同じなので、新規にスマホを用意する必要はありません。わざわざ高いお金を出してスマホを購入する必要はないので、その点も喜ばしいです。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。格安で全国の信頼できるキャリア回線を利用できますし、AUかdocomoのいづれかの回線プランをお好みで選択することが可能です。音声通話がつく場合、ドコモとauでは料金が変わってくるので、よく考えてどちらにするか決めてくださいね。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとは今まで以上に相手の通話が聞こえやすく改善されている、新規に開発された音声通話サービスです。それまでの方式で拾うことができたのは、周波数にして300Hzから3.4kHzほどの音でした。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz~7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。その為、音質が改善され篭りの無いクリアな高音質な通話が可能になったのです。mineoの大きな魅力の一つにVoLTEに対応しているということがあると言えるでしょう。docomoプランは元々VoLTE対応です。

データ繰り越しにも対応

さらにmineoがオトクなのは、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すこともできるので、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、無駄なく使うことが出来るため、かなりお得です。

mineoスイッチを活用して、データ量圧縮!

mineoスイッチという切り替え機能があるので、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。データ量の無駄使いを抑えることができる便利な機能になっています。また、mineoにはデータ通信料を賢く節約できるアプリ「mineoスイッチ」があるので、公衆Wi-Fiとうまく組み合わせて使えば、さらにお安いプランで済ますことも出来るでしょう。料金を安くしたいのでしたら、心強いサービスです。

今なら間に合うキャンペーン

IIJmioの速度・解約・3日制限

IIJmioの速度・解約・3日制限

IIJmioの評判

IIJmioの商品としての価値がどこにあるのかを考えると、やはり、手厚いサポートからくる顧客満足度の高さと古参MVNOとしの信頼と実績にあるでしょう。高評価だった株式会社イードの顧客満足度調査結果からも、IIJmioのユーザー満足度の高さがわかります。お電話やオンラインなどのサポート万全であるので、初めてSIMフリースマホや格安スマホを使う、という人でも、安心して使い始める事が出来るMVNOと言えます。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、ヘビーユーザーにも良し

IIJmioって何だろうとグルって見ると、サポート体制が万全であることと、通信速度が高速で安定していることと、評価の高さです。株式会社イードの顧客満足度の調査結果からも分かる通り、総合部門で最優秀賞を受賞しています。どこの会社のMVNOを使おうか迷っている方にとっては、これは判断材料の1つとなるでしょう。また、数ある格安スマホの中でも高い信頼性とブランド力がありますよね。高い評価を受けている格安スマホですので、近い将来に格安スマホ・SIMに変えようとしている方には、強くお勧めする事ができるMVNOだと言えます。

IIJmioの回線スピードに関して

みおふぉんは、MVNOの中でも人気の一つで、ドコモの225mbpsのLTE回線を利用していることです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。通信速度の安定性も好評で、レビューなどの評価から総合的に判断しても、多くの人から高い評価を得ています。実効速度の速い格安スマホで極力安いものをお探しの方に、IIJmioは最適だと思います。

IIJmioでの通信制限に関して

IIJmioは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。通信速度に上限が設定されるのは低速通信の時だけで、高速通信の場合は対象外になります。すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、設定容量を超えたユーザーには、200Kbpsという低速通信を適用します。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

IIJmio料金

IIJmioの料金プラン、通信速度などについて紹介します。今使っているスマホの料金と比べて、IIJmioを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。では、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

みおふぉんの料金プラン

IIJmioの月額費用は、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

IIJmioの解約制限と違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMについては、利用する期間の縛りはありません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、9,000円の解約手数料が必要になります。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

IIJmioのチェックポイント

株式会社インターネットイニシアティブのMVNOサービス格安SIMと格安スマホのみおふぉんはご存じでしょうか?インターネットイニシアティブジャパンは日本初の商用インターネットサービスプロバイダーとして知られていますが、MVNO業界にも古くから参入しており、格安SIMが始まった頃のユーザーでしたら、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。前置きはこの辺で、IIJmioをどこよりも分かりやすく解説しました。IIJmioに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安スマホサービス

格安スマホサービスの一つである、IIJmioはdocomoの回線を利用しています。なので、docomoと同等の高い通話品質を保持し、ご使用いただけるサービスエリアもdocomoと同様ですので、日本全国、広範囲でのご利用が可能です。
IIJmioで使える機種は、docomoと共通して使えるものも多いです。もちろん、IIJmioのSIMフリーのスマホ、SIMカードをセットで買うこともOKです。二台目のスマホが欲しい方にも最適です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホ本体代が高い…とお嘆きの方にもこれは朗報です。新しいスマホを買う必要はなし!月々の支払に追われず、節約になります。これは嬉しいですね。IIJmioはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

初速バースト機能で快適な低速通信

IIJmioはバースト機能と呼ばれる転送機能が搭載されています。耳慣れない言葉だと思いますので、バースト機能についてご説明いたします。バースト機能とは、低速通信時の最初の数秒間、高速通信を行う事で、画面に表示されるウェブページの読み込みを向上させることができます。この機能があると、低速回線でもインターネットの繋がりやすさが向上し、コンテンツ表示の遅れが体感的に目立たなくなって、低速通信でもインターネットの使い勝手がよくなるので、IIJmioにおける目玉機能と言えるでしょう。
とは言え、DMMモバイルの他にこの機能が搭載されているのは、IIJmioくらいしかありません。

あまったデータ容量のくりこし

データの通信量はプランによって変化しますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。そんな場合でも、IIJmioは、繰り越し機能があるので安心です。MVNOのなかには、月度内に消化できずに余ったデータ通信量の繰越サービスを採用していないところもあるので、翌月への持ち越しに対応している点は、IIJmioを利用するメリットであるでしょう。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

IIJmioならでは!10枚まで追加可能!

IIJmioのファミリーシエアプラン、簡単にいうと、家族でパケットを分け合えるプランなら、SIMカードの追加が最大10枚も増やせます。たとえば、おじいちゃんやおばあちゃん、パパもママも、使いたい盛りのお子様も、みんなまとめてIIJmioに乗りかえれば、携帯代が今までと比べて格段に安くなるでしょう。今やスマートフォンは現代人の生活必需品なので、家族全員分の金額ともなればIIJmioのファミリーシェアなら、かなりの節約になりますね。格安スマホ全盛期の今、家族全員分の携帯料金の無駄を削って節約してみませんか?llJimoなら、サポートも充実していますし格安スマホを初めて利用する方でも安心です。お子様がいるご家庭には「みまもりパック」もおすすめです。多角面よりお子様をサポートできます。

【キャンペーン情報】IIJmioみおふぉん

DMMモバイルの速度・解約・3日制限

DMMモバイルの速度・解約・3日制限

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルを利用する意義はどんなところにあるのかと言うと、
それはもう、業界トップクラスの低額利用料金と、一般の使用では必要十分な安定した高速通信の2つを両立させているところでしょう。費用も速度も両方とも捨てがたいと思っている人にとっては、1番ふさわしいMVNOに間違いありません。DMMモバイルが高評価されている大きな理由は、やはり料金と速度の二点が人気の理由のようです。

安定した高速通信がヘビーユーザーにも良し

DMMモバイルの評判でよく耳にするのが、非常に高速な通信にもかかわらず、かなりの安定性を備えているという書き込みです。毎月の料金が安いにもかかわらず、速度も非常に速いという点で、DMMモバイルの人気はMVNO各社の中でも更に頭一つ抜けて高まってきているようです。また、DMMポイントと呼ばれるポイントが還元されるシステムもあるため、費用面・速度面の双方で、とってもお得なMVNOですね。総合的に考えても魅力的な格安スマホなので、選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

DMMモバイル料金プランと解約

DMMモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、通信費用をどの程度カットできるのか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。では、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

DMMmobileの料金

DMMモバイルの料金プランに関しては、SIMにはデータ専用と音声通話付きの二通りがあり、それぞれ料金が別になっています。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、今使っている携帯電話と同じように使うには、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円となっています。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの契約縛り

DMMmobileの解約縛りと解約手数料に関して、解説していきます。DMMモバイルのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

DMMモバイル速度について

今や百花繚乱状態にあるMVNO。わけてもDMMモバイルは、docomoの225MbpsのLTE回線を使用したサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。お値段が安くて、しかも実行速度も速い。そんな格安スマホをお探しの方には、DMMモバイルは申し分のない格安スマホと言えるでしょう。

DMMモバイルの3日間制限について

DMMモバイルでは、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。ユーザーが平等に使えるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。

DMMモバイルって?

よく知られているMVNOの一つにDMMモバイルがありますが、既に知っている方もいると思いますが、動画サイトの「DMM.com」が運営する格安スマホのサービスです。業界で最安値を打ち出しているという点が、DMMモバイルの最大の強みとなっています。月々の使用量を安くしたいとお考えの方には、かなり魅力的なMVNOです。また通信速度も速くて、安定しているのも人気の理由のひとつです。ネット接続が快適に行える格安スマホサービスであると高い評価を得ています。早速で恐縮ですが、DMMモバイルのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。DMMモバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線網を使った格安スマホ!

動画配信サービスでおなじみのDMM.comが提供している格安SIM、DMMモバイルはdocomoの通信回線を使っています。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、通話品質もサービスエリアも、docomoと同じく信頼できます。docomoのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。もちろん、DMMモバイルが販売しているSIMフリースマホをセットで買って利用しても大丈夫です。現時点でdocomoのスマートフォンをお使いの方であれば、SIMカードだけを契約すればDMMmobileが使えるようになりますから、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。DMMモバイルでは、まさにdocomoと同じ高品質なサービスを提供しながら、携帯料金を低額に抑えることができるシステムを提供しています。

iPhoneが24回払いで買える!

今人気のiphoneを分割払いで購入できるDMMモバイルも選択肢の一つに入れてみませんか。だいたいの会社は、海外製の安い端末しか取り扱っておらず、iPhoneを購入できるのは、DMMモバイル以外に見たことがありません。DMMモバイルでは、最新のiPhoneも揃っており、 iPhoneの購入を分割払いで考えているのなら 、DMMモバイルが一番良いという結果になります。月々の料金は安く抑えたくて、iPhoneもセット購入したい方なら、是非、DMMモバイルの申し込みを検討してみてください。ただし、MVNOでiPhoneを扱っているのがDMMモバイルのみということで、ほとんどの場合売り切れており、確認した際に在庫がありましたら、早めに注文することをお勧め致します。

データ通信量のくりこし対応してます。

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。この点、DMMモバイルなら、残ったデータ容量を翌月にプラスして使用する事ができます。残念ながらこういった繰越サービスを実施していない企業も未だあるなか、
翌月に繰越せるDMMモバイルは魅力的ですね。安いからと言って、毎月のデータ通信量を無駄にしたくない方には嬉しいサービスです。

家で即日MNPができる!

DMMモバイルでは、即日MNPの体制が万全なので、同じ番号を容易にそのまま継続利用できます。DMMモバイルではMNPの手続き方法として、「自動方式」と「届け出方式」の2種類を用意しており、手続きはオンライン上でスピーディに、不通期間なしでMNPが可能となっております。従来では即日MNPを行えるのは幾つかの限定された店舗に出向いて行う必要がありましたが、ご自宅や単身赴任先など、場所を選ばず、どこにいても即日MNPの手続きをすることが可能になっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

魅力のポイントバック、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約期間中ずっと、月々DMMポイントがが10%還ってくるという、非常に魅力的なキャンペーンを大々的に展開しています。
月々の基本料だけでなく通話料やSMS送信料なども対象なので、ポイントが貯まりやすい仕組みになっており、非常にお得です。DMMモバイルは、業界最安値レベルの月額料金だと言うのに、ポイントが10%も還元されるので、これを加味すれば、安さにおいてはこれ一択と言えるほどのMVNOでありましょう。
まずはDMMモバイルをチェック。あなたのスマホ代が大きく変わります。

人気のバースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルには、バースト機能というものがあります。この機能がどんなものなのか、説明を交えてご案内しましょう。低速通信の時の最初の数秒ほどだけ高速通信を利用するというのがバースト機能です。表示スピードが上がり、さくさくとインターネットが出来るのです!このバースト機能のお陰で、低速通信モードでもWebページが開くまで長時間待たされることがないので、ウェブページの表示の遅れがなくなるため、ネットでの情報収集がしやすくなると、 非常に魅力的な機能となっています。しかし、このバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioでしか取り扱っていない機能のようです。

【締め切り間近のキャンペーン】

Umobileの速度・解約・3日制限

Umobileの速度・解約・3日制限

Umobile料金と初期費用

Umobileの料金プランなどの各種費用についてご説明します。現在お使いの携帯料金と比べながら、Umobileを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、比べてみて、お得感を実感して下さい。それでは、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

Umobileの料金

Umobileの月額プランは、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話SIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの料金は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

1年間の解約制限がつく、音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円お得になるサービスになります。

Umobileの解約制限について

ユーモバイルの最低利用期間と解約手数料について、解説していきます。Umobileの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方、音声通話SIMについては、6ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。そのため何らかの理由で、6ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、違約金として6,000円の支払いが必要となります。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、7ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

LTE使い放題2の解約縛り

UmobileのLTE使い放題2プランのみには、特殊な、解約制限を設けています。ご利用開始月から6か月以内の解約には、9,500円の解約手数料が必要です。7ヶ月目~12ヶ月目に解約する場合には、3,500円の解約違約金が掛かります。また、利用開始月から11ヶ月以内にプランを変更する場合には、3,500円がプラン変更手数料として必要です。他のプランと異なる最低利用期間や解約料の設定については、あらかじめご了承ください。しかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、1年以内には解約しない。という方には、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

Umobileの口コミ

Umobileのメリットを挙げるなら、LTE回線が使い放題となるプランにあると言えるのではないでしょうか。docomoの高速LTE回線をここまで安く使い放題にできるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。この使い放題プランを利用するために他社から乗り換えを行えば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

通話プラン限定、U-NEXTポイントが毎月!

あなたはU-NEXTを知っていますか?動画配信サイトで、現在契約数は100万以上になっており、特典としてU-NEXTポイントが毎月還元されるのもお勧めできる点です。月毎に400ポイントが貰えるのがLTE使い放題2プランで、それ以外では月毎に600ポイント貰えます。多くの動画は1本300円で配信されているので、だいたい2本は無料で視聴できることになります。大手の動画配信サイトなので、新旧の映画からアダルト作品まであらゆるジャンルの動画を楽しむことが出来ます。一月あたり3000円に満たない契約で400?600ポイントも加算されるのは、かなり思い切った特典だと思います。

Umobileの特色まとめ

スマホやSIMにかかわる諸費用を大きく節約できるMVNOには多くの企業が参入していますが、その1つであるUmobileは、
このサービスを提供しているのは、日本最大の映像配信を行っているU-NEXTです。運営会社であるU-NEXTは2015年に東証一部に上場したため、上場企業しているだけに、企業の安定感もあるので、ベンチャー企業ながらMVNOの中で注目を集めています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。今回は、Umobileのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。Umobileの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

Umobileは格安でスマホを使えるサービスです。docomoの回線を使用しています。docomoの回線を利用しているため、通話の品質は当然、docomoと同じですし、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままUmobileのSIMを使うことができます。Umobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、あらたにスマホ本体を購入する必要がなく、初期費用を安く抑えることができます。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUmobileというわけなのです。

LTEの高速通信が低価格で無制限

LTE無制限プランを設けることによって、Umobileはオリジナリティを打ち出していますが、他のMVNO各社がLTE無制限プランに関して出遅れている中、一段とUmobileを引き立たせる要因となっています。動画や音楽のストリーミングサービスの利用頻度が高い人にとっては、高速のデータ通信を安心して使えますので、おすすめです。LTE回線が使い放題になるのに、毎月の料金は2,730円というリーズナブルさです。大手3社と比べるととても安い料金設定になっているのはいうまでもありません。使い放題でありながら毎月の料金が3,000円を切るなら、通信料の多いユーザーにとっては有難い料金設定ですね。普段高速データ通信を多く利用される方は、Umobileはかなりお得な格安スマホです。Umobile公式サイトにて「LTE使い放題プラン」の詳細情報を掲載していますので、興味が沸いた方は是非ともチェックしてみてください。

オンラインで即日MNPに対応している

Umobileでは、即日にMNP転入が出来るので、他社からの乗り換えが楽になりました。というのもUMobileの場合、MNP届け出という方式を採用していますが、お申し込み時に、インターネット上で、届出方式を選択していただくと、お手元にUmobileのSIMカードが届いてからMNP転入ができ、携帯電話が使えなくなる期間が発生せずにMNPの手続きを完了することができます。以前の即日MNP切り替えでは、実際に店舗に行って手続きをするのがパターンでしたが、インターネットで即日MNPの手続きができるので、店頭まで行く必要がありません。不通期間ができるのが足枷となって、乗り換えに消極的だった人も、安心感をもってMNP手続きに臨めます。手続きとしては、SIMカード到着後、Umobileマイページにて、回線切替ボタンを押すだけで完了します。誰にでもできる簡便な手続きなので、より格安スマホへの乗換えが今まで以上にスムーズに行えます。

Umobileの回線スピード

たくさんあるMVNOの中でも、Umobileは、
225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。

Umobileにおける3日制限

どのMVNOでもそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。直近72時間で、どの程度通信すると、速度制限の対象となるかの明記はありませんでした。

今月開催中のキャンペーン

UQモバイルの速度・解約・3日制限

UQモバイルの速度・解約・3日制限

UQコミュニケーションズの格安SIMの月額プラン

UQモバイルの料金体系や通信速度について説明します。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、考えてみてください。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金・初期費用

UQモバイルの料金プランに関しては、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、大手キャリアと同じように携帯電話を使いたい人は、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの違約金

UQmobileの最低利用期間に関して、説明していきます。データSIMの場合、利用期間の縛りはありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、違約金として9,500円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

UQモバイルの通信スピード

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUQモバイルは、通信スピードの安定的な速さで好評を得ています。格安SIMアワード2015の結果の通り、通信速度部門において、1位を獲得したのが、このUQモバイルなのです。通信スピードを第一に考える方であれば、UQモバイルを使用するのが良いでしょう。MVNOや格安スマホの発展はこれからが面白くなっていきそうです。

UQモバイルにおける72時間制限について

MVNOすべてで共通ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、定められた容量をオーバーした利用者には、速度制限がかけられます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。UQモバイルの場合、各プランごとの規定値は決められておらず、すべてのランで、直近72時間で1GBが規定値となっています。

UQmobileのチェックポイント

格安SIMや格安スマホサービスがあるUQモバイルは、MVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。なんといっても毎月の代金が1680円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。安くできるのは、UQモバイルが既存のAUの回線を使用しているからということもありますが、通話のクオリティや電波の範囲などはAUと同じです。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。ということで!UQモバイルのキャンペーンから評判までを網羅したので、楽しく、読んで頂ければと思います。

AU回線を使った格安SIMサービス

UQコミュニケーションズの提供する格安スマホはAU回線を使用しているのです。AUと同じく信頼の高い通話品質ですので、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。AUのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。そんなUQモバイルをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つAUと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

高品質通話VoLTEプランがある

UQモバイルはVoLET対応のプランがあるということで注目を集めています。VoLTEとはLTEによる音声通話サービスのことで、従来の音声通話より高品質な通話を実現した、日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。高音質の通話ができることがUQモバイルの大きな特徴です。

翌月繰越しも可能

UQモバイルの場合、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、その月によって、使うデータ量にばらつきがある方には、気にすることなく利用できて安心ですね。ターボ機能が備わっているUQモバイルは、このターボ機能で切り替えることによって、通信速度を早くしたり遅くしたりできるのです。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。

UQモバイルの評価

UQモバイルがいいのは、やはり通信速度が最大の魅力と言えます。口コミやネット上での評価などでも、速度が速いと評価をする書き込みがあるほどで、料金プランの種類が少なかったり、月額利用料の値段が、他の会社に比べて若干高めの設定ではありますが、それらを考慮しても、十分に優秀な格安SIMでなのです。格安スマートフォンを選ぶ際の、大きな指標になりますね。

口コミで評判のよいスピード

UQモバイルの一番の長所は、同様の他製品をしのぐ非常に速い通信精度です。複数のMVNOと契約して利用していますが、その中でもUQモバイルは、高速通信がきちんと安定しているので、UQモバイルの携帯電話が一番使いやすいです。高速な通信速度を求める方に、「繋がりやすい格安SIMを教えて!」と質問されたら、迷うことなくUQモバイルを推奨します。料金面で考えると、確かにUQモバイルよりも安い会社はありますが、ストレスフリーの高速通信を実現してくれるUQモバイルの方が魅力的ですよね。

【期間限定キャンペーン】

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの速度・解約・3日制限

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルのネットワークは、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。速度については、信頼の高いドコモ回線ですので、速度は安心です。ドコモと同等の回線がお得に利用できるのは、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの72時間制限について

キャリアにしろ、MVNOにしろ、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、決められた容量を超過した利用者に対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルの特色

楽天モバイルは、ドコモの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。楽天モバイルがまだ分からない!という方の為に、楽天モバイルの評判から速度まで、まとめてみました。話題の楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安SIM・格安スマホ!

大手インターネット通販サイトでおなじみの楽天が運営している楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。なので、通話の品質はドコモと同じですし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。ドコモのスマホならほとんどの機種がそのまま使えます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。SIMカードだけ購入しお手持ちのドコモのスマホを継続して使えば、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。docomoの回線をそのまま利用でき、しかも格安で利用できるのが楽天モバイルなのです。

セットの格安スマホが大量

楽天モバイルを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで取扱いのあるスマホは、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。ただひとつ、残念な点が、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。もし楽天カードを持っていなかった場合、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。それでも、多数の機種を取り扱っているのでMVNOでは圧倒的な人気を誇っています。

容量の翌月繰り越しにも対応

データ通信の容量はプランごとにそれぞれ違いがありますが、月によって残ってしまうことって、よくありますよね?しかし楽天モバイルを利用していれば、データ容量を次の月に持ち越すことができます。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、データ容量を持ち越せるという点では、楽天モバイルの大きな武器でもあります。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

電話料金がお得な、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。相手から見れば、普段通りの電話ということになります。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。また、楽天でんわで使用した通話料も、楽天ポイントが付くので、かければかけるほどお得になってくるサービスです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。月々の料金が安く抑えられるのがMVNOの魅力なのですが、通話回数が多いので、結局高くつくのではと心配な方もいるかもしれません。しかし安心してください。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、通常の電話と変わりなく話し放題になる点が、大きなメリットです。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますので月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

初月は無料に!

楽天モバイルで格安スマホや格安SIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

楽天モバイルの月額と解約

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

月額プランと初期費用

楽天モバイルの月額費用は、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(225Kbps)が使えるプランです。初期費用は3.240円ですが、端末も必要な場合はプラス端末代もかかります。

契約縛り

解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。12か月以内に契約を解除された際は、9.800円の解約手数料が必要になります。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

今月開催中のキャンペーン